平成28年度 同仁病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 6 33 38 48 126 218 377 390 392 148
当院は地域に根差した病院を目指し、幅広い年齢層の方に医療を提供しています。
浦添市内の泌尿器科では唯一の手術施設となっております。また、腎センターのほか、内視鏡センター、整形外科や歯科口腔外科などが先進医療に取り組んでいます。泌尿器科・腎センターでは、糖尿病や脂質代謝異常など腎機能障害が増えている中、患者さんの状況に応じた幅広い対応ができるようにしています。
年齢別では、60歳以上の方が多く、疾患別では、変形性膝関節症や尿管結石、肺炎、大腸ポリープ等が多いです。
半月板損傷や虫垂炎など比較的若い年齢層の方の治療も行っています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
当院は、現在出来高算定を行っておりDPC対象病院ではないためデータはありません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 - 1 1 1 - 1 7
大腸癌 13 2 2 5 - - 2 7
乳癌 - - - - - - 1 -
肺癌 - - - - - - 1 -
肝癌 - - - - - - 2 -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での5大癌の分類別患者数と再発数になっています。
胃癌、大腸癌については消化器内科と外科が連携し早期発見・早期治療に努めています。
上記に記載されてはいませんが、前立腺癌や膀胱癌など泌尿器科での症例も多く行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 13.10 51.90
中等症 18 40.83 81.00
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
当院での市中肺炎の軽症患者の平均年齢は51.90歳で平均在院日数が約13日です。
中等症以上になると平均年齢が81歳(後期高齢)になり平均在院日数も長くなります。
当院では、比較的軽度から中等症の症例を主に治療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 13 52.62 76.54 15.38
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
他院より当院へ転院された患者さんに対してリハビリを行い安定した後に退院している方が多いです。
そのため発症日は、8日目以降の患者さんが多いです。
脳梗塞については、他施設との連携をとっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2㎝未満) 85 0.50 2.07 - 65.08
K6182 中心静脈注射植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 19 145.00 126.42 - 86.05
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 32.64 232.36 9.09 85.45
当院では、内視鏡センターにて最新のシステムを導入し、胆道系疾患や大腸ポリープ粘膜切除術、中心静脈注射植込み型、内視鏡下胃瘻造設術などの治療を多く行っています。
胃癌、大腸癌については外科と連携し早期発見・早期治療に努めています。
専門医増員により高度な検査や治療が可能になっています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 25 1.88 9.76 4.00 64.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 7 4.86 10.14 14.29 64.86
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 6 0.83 11.83 - 39.83
外科では、鼠径ヘルニアの手術を多く行っており、次いで腹腔鏡下胆嚢摘出術、虫垂切除術を行っています。
胃癌、大腸癌については消化器内科と連携し早期発見・早期治療に努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 59 3.41 38.20 - 68.80
K0461 骨折観血的手術(大腿) 14 9.21 59.21 7.14 76.93
K068-2 関節鏡下半月板切除術 14 1.07 9.57 - 59.71
整形外科は、股関節や膝関節などの人工関節置換術が最も多く、骨折や半月板の手術など上肢から下肢まで幅広く治療を行っています。
短時間で負担の少ない手術を多く実践することで数多くの評価をいただき、相談も大幅に増えています。
ほかにも、脊椎、肩、スポーツ外傷など各分野の専門の医師が在籍し高いレベルのニーズに応えています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 119 1.21 8.02 11.76 66.58
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 115 1.84 5.80 0.87 59.52
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 50 1.46 5.90 - 71.82
泌尿器科は、浦添市内で唯一の手術施設です。
市内はもちろん、離島や北部地区、沖縄全域から患者さんの治療を行っています。
結石の症例が最も多く、膀胱腫瘍などの癌治療なども多く行っています。
経尿道的尿管ステント留置術などの転院率は、他院の紹介にて一時的に尿管ステントを留置するために当院へ入院し、留置後またかかりつけ医などへの逆紹介の患者さんが多くいます。
そのため多くの他施設との連携を取っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 1 0.06
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 27 1.53
異なる 3 0.17
敗血症を契機とした入院は少なく、手術・処置等の合併症は1.53%となっています。
手術・処置等の合併症は、カテーテル留置後の尿路感染症などがみられます。
次に多いのが、末期腎不全のシャント狭窄やシャント閉塞です。
シャントの中で血栓(血がかたまった状態)ができ透析をするための通り道を塞いだり狭くなってしまっている状態です。
このような合併症は、一定の確率で起こり得ます。
更新履歴
2017年9月30日
平成28年度 病院情報を公開しました。